柔道整復師の専門学校を探して資料請求なら『メディカルスクールJP入学支援センター』

整復法・固定法について

戻って学校を探す

■整復法

整復法とは肩などの脱臼をした時におこなわれる治療法のことをいいます。脱臼とは骨と骨をつないでいる関節が外れてしまっている状態で、それによって周辺の部位が損傷してしまっていることも多くなっています。

脱臼してしまったらできるだけ早く治療をして元の状態に戻す必要性がありますので、早めに接骨院や整骨院、整形外科などで治療をうけるようにした方がいいでしょう。

脱臼には、「外傷性脱臼」と「病的脱臼」という二種類のものがあり、柔道整復師が治療をおこなえるのは外傷性脱臼の方です。

脱臼の整復法とはまず、触診や問診などで患者さんの患部の状態をよく把握し、次にけん引によって外れてしまっている関節を元の状態に戻していきます。

脱臼の治療は柔道整復師としての経験がものをいう治療ですので、より多くの患者さんに直接触れることによって的確な治療がおこなえるようになります。

■固定法

固定法とは骨折や脱臼などをしてしまった場合に再発や変形などがないように患部を固定することをいいます。

固定法には内固定と外固定の二種類があり、内固定は手術によって金属のプレートやワイヤー、ピンなどの固定具によって骨を接合する方法で、柔道整復師はおこなえません。

外固定は柔道整復師がおこなえる固定法で、包帯や三角巾などを使用して体の外側から、患部を固定します。

固定法の治療は柔道整復師の経験が生かされる治療法ですので、より多くの患者さんに直接触れて経験を積むことが必要とされてきます。

外固定で使用される主な材料としては以下のようなものがあります。

  • 包帯、三角巾、サポーター、綿花、ガーゼ
  • ギブス、副木、厚紙、金属

興味がある学校を選んで申し込むと、あとは待つだけ!

あなたが気になる複数の学校に、まとめて資料請求が出来るカンタンサービス。
今すぐ申し込むには…

柔道整復師イメージ

「柔道整復師」とは、日本独自古来の武道である柔道を起源とし、西洋医学を取り入れながら発展したものです。人間の持つ「自然治癒力」を最大限に生かして、手技によって怪我からの回復を図るものです。卒業後に独立開業を目指す社会人の方には今人気の資格の一つです。卒業後は接骨院はもちろん、リハビリテーション、スポーツ、福祉など幅広い分野で活躍できる柔道整復師・スポーツトレーナーの道などにも進むかたが多いようです。

アンケート
調査をしています!

柔道整復師以外に
あなたが興味ある資格を
お答え下さい。

  • 特になし
  • 歯科技工士
  • 理学療法士
  • 歯科衛生士
  • 鍼灸師
  • 管理栄養士
  • 看護師
  • 介護福祉士
  • 医療事務
  • 臨床検査技師

投票せずに結果を見る

メディカルスクールjp
口コミ広場