歯科技工士の専門学校を探して資料請求なら『メディカルスクールJP』

歯科技工士の作るもの

戻って学校を探す

歯科技工士の作る主な歯科修復物

  • インレー(つめもの)

    虫歯になった時に削って、その部分にセメントや接着剤でつけます。インレーの素材には金属、プラスチックや陶材などがあります。
    金属は強度があり加工しやすいのが特徴です。金属ですから色が目立つ為、奥歯に使われます。
    プラスチックや陶材は、金属に比べて強度は劣りますが、色が歯に似ているの為、前歯に使われます。

  • クラウン(かぶせもの)

    英語でCROWN「冠」虫歯や事故で、ほとんどの部分がなくなった場合につめものではカバーしきれません。その時に人工の歯を作るようなものです。
    クラウンの素材は、インレーで使うのと同じ、金属、陶材、プラスチックを使用します。

  • ブリッジ「橋」

    1本、あるいは数本の歯がなくなった時につくる歯科技工物です。
    両サイドの歯にインレーやクラウンを施し、両サイドの歯と人工物の歯をつなげて物が噛めるようにするものです。

  • 全部床義歯(総義歯)「総入れ歯」

    総義歯は、全部の歯が無くなった際に使います。歯肉から歯までを再生してあるものです。
    噛みあわせや歯ならび、発音機能まで、その人の特性や年齢を考慮してつくられます。
    感覚がシビアな場所なので、噛みあわせのポイントで許される遊びはコンマ数ミリな為、高い技術が必要になります。

  • 部分床義歯「部分入れ歯」

    部分床義歯は一部分を失った際に作られる入れ歯です。健康な歯に止め具を引っかけて使います。入れ歯を安定させるためにクラスプというバネを使用します。

  • 矯正装置

    正しい位置に永久歯を生やすために間隔を確保したり、歯ならびを整えたりするために使われる歯科技工物です。
    他にあごを正しい位置に戻し、あごの発達を助ける器具なども含まれます。歯を全体的に弱い力で拘束すると歯を動かしたい方向に動かすことが可能な装置です。

興味がある学校を選んで申し込むと、あとは待つだけ!

あなたが気になる複数の学校に、まとめて資料請求が出来るカンタンサービス。
今すぐ申し込むには…

歯科技工士イメージ

歯科技工士を目指して専門学校を考えている方へ。
歯科技工士の仕事は人工的に歯をつくる仕事の国家資格が必要な仕事です。歯科技工士の資格は永久資格であり、一度取ってしまえば、一生使え、更新もしなくてもいいのが特徴です。歯科技工士が、常に病院や診療所にいないといけないということはない為、独立開業も視野に入れた職業として考える方には好都合資格職業の一つです。

アンケート
調査をしています!

歯科技工士以外に
あなたが興味ある資格を
お答え下さい。

  • 特になし
  • 柔道整復師
  • 理学療法士
  • 歯科衛生士
  • 鍼灸師
  • 管理栄養士
  • 看護師
  • 介護福祉士
  • 医療事務
  • 臨床検査技師

投票せずに結果を見る

メディカルスクールjp
口コミ広場